鼻毛

処理しすぎるのはNG!

このような理論を知っていれば、「鼻毛は処理しすぎてはいけない」ということがわかるのではないでしょうか。


鼻毛は、「鼻の奥まで脱毛する」というやり方で処理をしてしまってはいけません。

特に医療脱毛などの場合は、「永遠に毛が生えてこないこと」を目標とするため、一度やってしまうと、
取り返しがつかなくなってしまうことすらあります。


ハサミで「出た部分をカット」するのがよい

鼻毛の処理として望ましいのは、ハサミでのカッティングでしょう。
それも、「鼻の奥まで切る」というやり方ではなく、
「横顔や正面から見たとき、鼻の穴から覗いている毛を切る」というやり方がよいでしょう。

くれぐれも「切りすぎ」には注意をしたいものです。

鼻毛にも意味があるので、むやみにカットしないように!

鼻毛は、「見た目が悪いから」とすべてを処理したくなるものです。

ただ、鼻毛はきちんとした役割があるからこそ、そこに生えているものだということを忘れてはいけません。


「処理のしすぎ」に注意して、正しいお手入れを実践していきましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事