1. HOME
  2. ブログ
  3. 口呼吸、危険

口呼吸、危険

 

哺乳類である人間は、鼻で呼吸を行うのが本来の姿です。

 

そのため、口で呼吸すると、くちびるがカサカサになったり口の中が乾燥したり、

感染症のリスクが高くなったりするなど、さまざまな弊害があると指摘されています。

それはどうしてでしょうか。口呼吸と鼻呼吸の違いを含め、お伝えします。

鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3つの役割を持つ

くちびるがカサカサになる原因の一つが、口呼吸にあるといわれています。その理由は乾燥です。


鼻水は1日に約1ℓも分泌されています。そのうち約7割は、鼻を通る空気を加湿するのに利用されます。

鼻水が取り込んだ空気に湿り気を与えることで、体内に入る空気の湿度は90%以上に高められます。

 

しかし口呼吸では、これほど湿度を上げることができません。

鼻呼吸の場合より口呼吸のほうが口腔内を乾燥させてしまい、その影響でくちびるもカサカサになってしまうという専門家もいます。

くちびるが荒れて気になる人は、口呼吸になってしまっていないかを、確認してみましょう。


もちろん、ほかの原因でくちびるが乾燥してしまうこともあります。

リップクリームの塗り過ぎが原因とする専門家もいます。

また、リップクリームを横に塗ることで、かえってくちびるの状態を悪化させていると指摘する人もいます。

これらの場合、リップクリームを塗るのは1日数回までに抑え、塗るときは縦に動かせば、くちびるのシワにクリームを塗布できるため、トラブルを解消できるケースが多いといいます。


鼻は、空気をきれいにする働きも持っています。


まず、ホコリなどが体内に侵入するのを防ぐのが鼻毛です。そして鼻粘膜に生えている微細な線毛と粘液層が、

細菌やウイルスなどを捕獲します。

つまり、鼻から入った空気はこれら異物の多くが除去され、いわば空気清浄器から放出された空気のような状態になっているのです。

 


また、粘液には抗体があるため、細菌やウイルスが粘膜の細胞に付着したり侵入するのを防ぎます。

風邪やインフルエンザは、病原体が細胞内や粘膜で増殖することで発症しますので、鼻から入った空気は、

口から入る空気より、感染症にかかるリスクが少なくなるのです。

また、鼻から呼吸することで、空気が温められます。その温度は35~37度にもなります。

口呼吸ではここまで温められることがなく、冷たいまま肺に届けられてしまいます。

すると、肺の免疫力が低下するリスクにつながったり、肺にかかる負担が大きくなってしまいます。


このように、鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3台を合わせた機能を持っています。だから、

健康のためには鼻呼吸が重要なのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事