1. HOME
  2. ブログ
  3. 目の痙攣

目の痙攣

目の痙攣とは、目の周りの筋肉の瞼(まぶた)がピクピク痙攣することです。


目の痙攣には、一時的な目の痙攣と長く続く瞼の痙攣があります。


一時的な目の痙攣の多くは、疲れやストレスによるものが多く、あまり心配しすぎず
疲れのサインだと思ってまずはゆっくり休養をすることが大事です。


ただし、目の痙攣が長く続き、一時的な目の痙攣でない場合は、病院で一度診てもらいましょう。

目の疲れによる目の痙攣
一時的な目の痙攣の場合は、スマホやパソコン、読書、テレビ、ゲーム、勉強などで目を長時間酷使することや
ドライアイ、睡眠不足などが原因でまぶた(目)が痙攣していることが考えられます。

ストレスによる目の痙攣
ストレスや目の病気によるまぶたの痙攣もあります。
顔面神経はストレスが強くなると興奮し、不必要に筋肉を動かしてしまうことから、顔がピクピクしてしまうそうです。
ストレス性のものは女性が多く、特に目の痙攣はほとんどが若い女性なのだそうです。
一時的な目の痙攣の多くは、疲れやストレスによるものが多く、あまり心配しすぎず
疲れのサインだと思って、まずはゆっくり休養をすることが大事です。

睡眠薬や抗不安薬の長期服用によるまぶたの痙攣
睡眠薬や抗不安薬を長期服用すると、脳の中央にある視床が過度に興奮し、まぶたのけいれんや目のまぶしさ
痛みなどを伴う眼瞼痙攣(がんけんけいれん)が引き起こされることがあるそうです。

長く続く目の痙攣
目の痙攣が一時的なものではなく、あまりにも長く続く場合には、その他の病気の可能性も考えられますので
眼科にて一度検査していただくことをオススメします。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事