1. HOME
  2. ブログ
  3. 入浴時の注意1

入浴時の注意1

入浴&お風呂の知ってた?マメ知識

入浴時に気をつけることは?残り湯での洗濯は?入浴剤NGの風呂釜は?小さな疑問を一気に解決!
 

バスタイムを安全で快適に過ごすために注意することやアドバイス、意外に知らないお風呂の素朴な疑問などをご紹介します。

意外に多いお風呂での事故

安全で快適にお風呂を楽しみましょう

温度差に注意!

脱衣場・浴室・浴槽に入ったときの温度差で血圧の変動が大きくなります。
特に冬場は浴室や脱衣場も暖めておきましょう。
かけ湯などをして、体をならしてからゆっくり浴槽に入りましょう。

お酒に注意!

さらに血圧の変動が大きくなります。
お酒を飲んだ後の入浴は控えましょう。

一番風呂に注意!

お湯に含まれる塩素により肌のピリピリ感が発生します。塩素除去成分の入った入浴剤を入れると◎。

食前後に注意!

血液が皮膚に回ることで胃腸の働きがにぶくなり、消化が悪くなってしまいます。
食前食後30分は入浴を控えた方がよいでしょう。

お風呂の後は、水分補給と保湿を忘れずに

入浴の後には、水分補給が必要。スポーツドリンクやコップ一杯のお水、あたたまった体を冷やさないように、温かいハーブティーなどもおすすめです。
また、体を洗ったり、入浴の後はお肌の表面にある「皮脂膜」が取れた状態になります。
入浴後はボディローションやクリームなどで保湿をおすすめします。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事