1. HOME
  2. ブログ
  3. シャンプーの注意点

シャンプーの注意点

こんにちは尼崎美容室セトルです

今日シャンプーケアーの知識と注意点を書かしていただきお客様に知ってもらおうと思います。

綺麗な髪の毛を保つには次に生えてくる髪の毛を大事にしていかないといけません。

 

そのためにはシャンプーはとても大事です。

 

たくさんの方が毎日シャンプーをします、間違った洗い方やケアー知識で行っていると、かえってダメージを与えてしまいます。

そうするとサロンで綺麗になった髪の毛にしても、ダメージがどんどん進んでまたダメージの繰り返し、

そうすると最終的には切らなくてはいけなくなります。

 

傷む前にしっかりと覚えておいてくださいね。

シャンプーは頭皮から考えよう!髪の毛より頭皮優先で考えましょう!

 

シャンプーは『頭皮を洗うもの』

「髪の毛を洗うもの」と思っている方が多いと思います。

ですが頭皮を洗うものが正解です。

 

ですが、シャンプーは髪の毛と頭皮の汚れも綺麗に落としてくれます。

がしかし、実は意外に汚れの80%は最初のお湯で濡らす時に落ちてしまっているのです。

残りの20%は頭皮の毛穴の中の汚れです。

これがしっかりと落としてくれるのがシャンプーです。

 

それがシャンプーとしての役割です。

 

頭皮の毛穴の汚れは頭皮から出る皮脂や脂です。

頭皮が毛穴で詰まっているとヘアーサイクルが乱れ、健康な髪の毛が生えてこないのです。

汚れで詰まっていると脱毛の原因になります。

 

頭皮の汚れはしっかり落とす事が大事

 

これを知っていないと髪の毛ばかり洗う事に意識していまい、頭皮の事を忘れてしまいます。

女性の場合は、特に髪の毛が長い方が多いのでシャンプー中に髪の毛に集中して(一生懸命)洗ってしまします。

髪の毛を洗うのも大事ですが、しっかりと頭皮を洗うのも忘れてはいけません。

しっかりとお湯で髪の毛を洗い流してから、シャンプーを手に取り泡立てる

その泡になったシャンプーを髪の毛と頭皮につけて、爪で擦らず柔らかく指の腹でしっかりと「もみもみ」と優しく広げてください。

髪の毛と頭皮を擦らず、モミモミして優しくマッサージする感じで洗ってください。

ここで頭皮をこすってしまうと、頭皮が荒れてしまう原因になります、なるべく優しく

髪の毛も擦ると、キューティクルが剥がれてしまってダーメージの原因につながります。

皆さんは洗顔する時は「ゴシゴシ」爪を立てて洗わないですよね?

それと同じです

頭皮も強く洗うと髪の毛と頭皮が傷んだり炎症の原因いになります。

そんな事にならないように優しく『モミモミ」洗ってください。

1日のシャンプーは何回?

 

よくシャンプーは2回洗った方がいいですか?の質問をいただきます。

注意して欲しいのがシャンプーは1日一回まで!

 

これは大切です、絶対に守るようにしてください。

 

特に汗を掻く季節になると頭皮のベタつきや匂いが気になる方は、朝起きてからシャンプーをして寝る前にもシャンプーする方がいますが、それはやめるべきです。

本来は頭皮の表面では皮脂膜というものがありますそれが頭皮の乾燥や細菌の感染から守ってくれます。

1日でシャンプーを2回すると、頭皮から守る必要な皮脂膜まで余分に取り過ぎてしまいます。

すると頭皮が乾燥をして守ろうという働きがおき、皮脂を余分に作り、結果ベタベタなってしまします。

(頭皮がベタベタする方は意外に脂ぽくなく、乾燥してる方が多いんです)

季節に関係なく出来るだけシャンプーは1日1回にする事をお勧めします。

それをする事によって綺麗な頭皮が保たれます。

綺麗な髪の毛を保とうとすれば綺麗な頭皮を目指す事を優先してください。

髪の毛も大事ですが頭皮も大事だと思ってください。

 

まとめ

シャンプーは頭皮を洗うもの優しくモミモミと洗う事、髪の毛も擦らず優しく洗う事

シャンプーは1日一回まっで洗いすぎると、必要な皮脂膜までとってベタベタ(脂っぽく)の原因に!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事