1. HOME
  2. ブログ
  3. サウナ大好き!!

サウナ大好き!!

サウナの健康効果を理解してるますか??

サウナが大好き。実はそのサウナに驚くべき健康効果があることをご存知ですか?

サウナは世界各国で効能が認められ、健康法のひとつとして確立されています。「サウナが苦手だな…」という人も、効能と正しい入浴方法を知れば、早速入浴したくなるかもしれません。

 
 

驚くべきサウナの健康効果

1:美肌効果

 

男性の「美肌意識」は年々高くなっています。女性だってベタベタ肌の男性を好き好むはずもありません。

サウナに入ると、蒸気や熱気で皮脂腺が活発化します。すると毛穴に詰まった汚れや皮脂が排出されるのです。サウナに入って間もない汗はベタベタとしていますが、次第にサラサラとした汗へと変化します。これが老廃物を出し切ったサインです。

2:デトックス効果

サウナの一番の魅力とも言える発汗力。この発汗は、体に溜まった老廃物を排出するのでデトックスに効果があります。汗をかくことで交感神経が刺激されるため、スポーツをしたときと同じ状態になります。つまり、サウナに入ることで運動によるストレス解消効果が得られるのです。老廃物を溜め込み、太りやすくなっている体の巡りを良くすることで、痩せ体質を作ることにもつながります。

3:安眠効果

血液循環が良くなることで、運動後に似た適度な疲労感を得ることができます。普段は運動をしない人や、不眠の人でもスーッと睡眠に入りやすくなります。また、蒸気に含まれるマイナスイオンがリラックス効果をもたらしてくれるので、熟睡度の高い睡眠になります。

冷え性の改善

サウナは体を芯から温めることに適しています。血管が拡張され、体の中から温まるため、隠れ冷え性や内臓冷え性まで様々な冷え性のタイプに効果があります。

思考が前向きになる

サウナに充満する蒸気はマイナスイオンを含んでいるので、リラックスにも効果があります。うつ病の緩和にも効果もあると言われているので、心の疲れが取れないような時にはサウナに行ってみるのもいいかもしれません。

 

サウナの効果的な入浴方法

上述したように、サウナが健康にもたらす恩恵は計り知れません。せっかくですから、効果的な入浴方法も押さえておきましょう。

低温浴

低温浴は、70度前後のサウナで15〜20分間ゆっくりと汗を流す入浴法です。神経を鎮めたり、緊張を解いたりする「鎮静作用」が働き、リラックスに非常に効果があります。不眠症の人やストレスがたまっている人におすすめの入浴法です。

繰り返し浴

繰り返し浴は、一般的な90〜100度のサウナに10〜15分ほど入る入浴法です。15分ほどじっくりと汗を流したら、一度サウナを出ます。このとき水風呂に入ることはせず、汗が引いたところで再びサウナに入り、入浴時間をだんだん短くしながらこれを繰り返します。体が温まり、汗をかきやすくなっていくのが特徴です。

高温短時間浴

高温短時間浴は、90~100℃のサウナに「さっと」短時間入る入浴法です。熱いサウナに入ることで皮膚を刺激し、神経調節能力が高めます。長く入るのが苦手でも、肩こりや腰痛などの疲労を「自らの抵抗力を高めて」回復させるのができます。

温冷交代浴

温冷交代浴は、90~100℃のサウナに8~10分ほど入った後、冷水シャワーや水風呂に入り、その後ふたたびサウナに入る入浴法です。最も一般的なので、実践している人も多いのではないかと思います。肉体的疲労の回復に効果的であり、血流が良くなるので腰痛などの症状も緩和されます。その他にも、酵素の摂取量が増える、疲労物質(乳酸など)の排泄が促進される、自律神経の働きが活発する…などなど非常に効能が多いのことが特徴です。

 

入浴後のケアは忘れずに

最も重要なのは、サウナの後の十分な水分補給です。サウナに入った後の体は著しく水分を失っているので、しっかり水分補給を行ってください。また、肌も同じように水分を失っています。化粧水などを使って肌のケアも怠らないようにしましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事