1. HOME
  2. ブログ
  3. 夏バテ対策

夏バテ対策

すべてやる気が起きない(ー_ー)!!

 

夏バテになると疲れがなかなか抜けず、体調不良を感じやすくなるもの。疲労やだるさの主な原因は、高温多湿の環境に長時間いたことからくる体温調節の乱れ。夏はエアコンを使うことで体温調節の切り替えが多くなり、体力を消耗しやすくなるのです。

また、熱帯夜など夜も寝苦しいため睡眠不足となりやすく、体力が回復しにくいということも、疲労やだるさを引き起こす一つの理由となっています。

夏バテの症状、食欲の低下


そうめんの美味しい季節だ!!

夏バテの症状といえば、食欲の低下。サラダなどのサッパリした料理しか食べたくないというのは、その分かりやすい例です。

夏に食欲が低下する理由は、1日に何回も自律神経の切り替えが起こるため。私たちの体は「交感神経」と「副交感神経」の2つの自律神経を上手くスイッチすることで、汗をかいたり、胃腸の働きをスムーズにしたりしています。

夏は、高温の屋外と冷房の効いた室内を何度も行き来するため、この2つのスイッチを何度も切り替えることになる。自律神経は、何度も気温差を感じると、切り替えに不調をきたすことがあり、その結果、胃腸にもダメージがいくため食欲が低下します。

まずは水分補給

水分摂取は基本!

たとえ夏バテになってもしっかりと体をケアすれば、また元気な姿を取り戻すことができる!ここでは、自宅でできる夏バテ回復術についてまとめたので、ぜひ試してみてほしい。

こまめな水分補給

体にふらつきやめまいなどを感じたときは、脱水症の可能性があります。

その場合は、こまめに水分を補給することで、症状が回復していくはずだ。脱水症は、自宅でもなることがあるので、汗をかいていなくても適度にスポーツドリンクなどを飲むといいです。

バランスのいい食事を摂る

夏バテになったときは、ビタミン豊富な食事を心がけることが大切。冷たくてのどごしのいいメニューばかり選んでいると、胃腸に負担をかけることになります。

夏バテのときは、鶏の胸肉やマグロなどに含まれる「イミダペプチド」とピーマンなどに多い「ビタミンC」を一緒に摂るのがおすすめです。

ぐっすり眠る

疲れが抜けないときやだるさを感じるときは、睡眠時間をたっぷりと確保しよう。そして睡眠は、時間よりも質が大切。

就寝の90分前にぬるま湯に浸かって、体をリラックスさせてから布団に入れば、ぐっすりと眠れて体力も回復しやすくなるでしょう。

夏バテ回復術4、室内温度は低くしすぎない

室内と屋外の気温差を5℃以内にすると、自律神経がスムーズに働くようになり、夏バテも回復しやすいです。

また、エアコンの風が体に直接当たらないようにする工夫も大切!!

運動で暑さに負けない体づくり

毎年夏バテに苦しんでいる人は、ランニングなど軽い運動で、暑さに負けない体をつくるのもいいだろう。通勤や通学時のウォーキングや自宅での筋トレなどもおすすめです。

睡眠も非常に大事

快適な睡眠は非常に大事!

夏バテは、体にだるさや疲労感を感じるもので、症状が進むと熱中症や脱水症となることもある。体のコンディションが優れないときは、栄養のある食事を心がけて、たっぷり眠ることで体も回復していくでしょう。

毎晩ぐっすり眠れる過ごしやすい環境で、夏の暑さを乗りきましょう(*^。^*)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事