1. HOME
  2. ブログ
  3. 夏バテ防止マッサージ

夏バテ防止マッサージ

さて、今回は夏バテ対策に効果的なマッサージについてご紹介しましょう。

 

 

夏バテで体が怠かったりすると、マッサージをしに行く為に外出するのも億劫になりますね。

そこで、今回ご紹介するのは夏バテに効果のあるツボ!

わざわざ他人の手を借りなくても一人で出来る物をご紹介します。

 

食欲不振に効果のあるツボ

◆気舎(きしゃ)

気舎(きしゃ)は、鎖骨の上部のくぼみです。

お腹の調子を整えたり、吐き気等を抑制する効果があります。

肩の力を抜き、温めながら押すとより効果的だそうです。

オイルマッサージと相性がよさそうですね。

 

◆鳩尾(きゅうび)

「みぞおち」の事ですね。

食欲不振の時はここが固くなってきます。

ゆっくり深呼吸しながらマッサージしましょう。

 

◆中脘(ちゅうかん)

こちらは「みぞおち」と「おへそ」の丁度真ん中になります。

比較的浅い場所にあるツボですので、強く押す必要はなく、手のひら等で円を描くようにマッサージします。

胃腸の動きを活発にする効果があるので、食欲不振に効果的です。

 

◆神闕(しんけつ)

神闕(しんけつ)は、おへその中央にあります。

鍼灸等ではここにお灸をして胃弱を治す事もあるそうです。

 

◆関元(かんげん)

関元(かんげん)は、おへそから指4本分下の所にあります。

優しくゆっくりマッサージすると良いそうです。

 

疲労回復に効果のあるツボ

◆湧泉(ゆうせん)

足の指を曲げた時に、足の裏の中央に窪みが出来るのですが、その中央が湧泉(ゆうせん)になります。

ここはその名のとおり、エネルギーが湧き上がってくる泉の様なツボで、疲労回復に大変効果のあるツボです。

一定のリズムで両手の親指で強めに押して下さい。

 

◆足三里(あしさんり)

「三千里歩いても疲れない」と言われているツボで、疲労回復はもちろん、免疫力向上、デトックス効果等さまざまな効果のあるツボです。

場所は膝の外側、お皿の下から指4本分下がった、一番窪んでいる場所。

向こうずねの外側です。

押すと少し痛みがあるのですが、数分揉みながら押していると、だんだん疲れが取れてきます。

 

◆注夏(ちゅうか)

手のひらにあるツボで、親指の付け根のふくらみの中央にあります。

ゆっくり3秒くらい押し込んで離す、を5、6回ほど繰り返すと良いそうです。

 

「冷え」に効果のあるツボ

◆三陰交(さんいんこう)

足の内側のくるぶしの頂点から指幅4本分上がった所、骨と筋肉の境目にあります。

ゆっくり息を吐きながら押して、息を吸いながら離します。

温めながら押すとより効果的ですので、お風呂に浸かりながら試してみてはいかがでしょうか?

 

◆血海(けっかい)

膝を伸ばした状態で、膝のお皿から2.5cmくらい上がった所の内側にあります。

大腿骨のすぐ脇、押すと少し痛みがあるところです。

両方を同時に行うと、適度な刺激になると思います。

お肌のツヤも良くなるそうですので、美容にもよさそうですね。

 

以上で夏バテ対策に効果的なツボを厳選してみました。

どのツボにも言える事ですが、ツボをマッサージする時はなるべくリラックスした状態でする事をオススメします。

そういった意味でも、マッサージ店でオイルマッサージ、アロママッサージをしてもらった方が効果は高いです。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事